ロードサービスの種類

ロードサービスはさまざまな業者が提供しています。

ロードサービス自身を商売にしている業者もあれば、他の事業の付加価値として扱っている業者もあります。
様々な形態があるので、それぞれの形態の特徴をよく理解し、自分に最適なものを選ぶ必要があります。

専門業者型

純粋にロードサービスを事業としているタイプの業者です。
JAFなどがこのタイプのロードサービスです。

やはり、ロードサービス自身を収入源にしている業者なので安心感があります。

しかし、業者の規模にも差があり、このタイプの業者でも自前の車両や作業員ではなく、
全国で提携している小規模のレッカー業者が来る所もあります。

詳しくはこちらをご覧ください。

クレジットカード付帯型

クレジットカードの会社がロードサービスを提供しているのが、このタイプです。

たくさんのクレジットカード会社の熾烈な利用者の奪い合いで、
カード会社はカードにさまざまな付加価値をつけています。

その一環でロードサービスを付帯したクレジットカードも登場しているのです。
クレジットカード会社と提携している業者が来ます。

このネットショッピング時代にはクレジットカードは絶対に必要なものですから、
おまけにロードサービスがついてくるカードは非常にお得です。

既に1枚クレジットカードを持っていたとしても、2枚目を持つのも悪くありません。
年会費無料のものもあります。

詳しくはこちらをご覧ください。

自動車保険付帯型

損害保険会社がロードサービスを提供しているのが、このタイプです。

沢山の損害保険会社の熾烈な利用者の奪い合いで、
損害保険会社は自動車保険に様々な付加価値をつけています。
その一環でロードサービスを付帯した自動車保険が多くなってきました。

このタイプのロードサービスについて、詳しくはこちらをご覧ください。

ただロードサービスに釣られて自動車保険を契約するのは、あまりお勧めしません。

ロードサービスの年会費は数千円程度で、
自動車保険の保険料と比べれば、相対的に小さいものです。

ロードサービス付きに惑わされて高い保険料を払ってしまうことも考えられるからです。

保険は比べて選ぶ時代です。
付帯のサービスに惑わされずに、最安の自動車保険に加入しましょう。

ロードサービスは、条件の良いものが付いていればラッキーくらいに考えましょう。

自動車保険比較サイトで比較すると、最安の保険がわかります。

この記事が役に立ったら、ぜひ「いいね」や「ツイート」で共有してくださいね!