おすすめロードサービス

今まで様々なロードサービスを比較してきましたが、比較の結論は以下の通りです。
これを選べば、間違いありません。

様々なタイプの方に分けて、おすすめのロードサービスを紹介します。

一般的な多くのドライバーは

普通の人は、わざわざJAFの会員になるほどのことはありません。
今まで故障などでJAFを呼んだためしがありますか?
滅多に、あるいは全く使わないサービスに年会費を4000円も払うのは無駄な出費です。
(JAFについている各種施設の割引サービスなどを多用する人は別ですが)

最近は多くの自動車保険(任意保険)にロードサービスが標準で付帯しています。

実際、私も自動車保険のロードサービスしか使ったことはありません。
1回目は国道で、2回目はその僅か1ヵ月後に高速道路上で、別のタイヤがパンクしました。

1回目は、スペアタイヤに交換するための工具がなぜか車に積んでおらず、
2回目は高速道路上で危険であったためロードサービスを呼びました。

自動車保険付帯のロードサービスを呼びましたが、2回とも問題なく無料で処置してもらえました。

私の場合は、タイヤをスペアに交換してもらうだけでしたので無料でしたが、
長距離のレッカーなどは料金がかかる場合もありますので、
自分の加入している自動車保険のロードサービスの内容をよく確認しておきましょう。

自動車保険付帯のロードサービスだけでは不安な方は、
ロードサービスの付いたクレジットカードも作っておけば鬼に金棒です。
年会費無料のクレジットカードを持っているだけで、ロードサービスが受けられるのです。

もし仮に、本当にどうしようもなければ、
料金は高くなりますがJAFは会員でなくても呼べますので大丈夫です。

抜群の安心感を求める方は

抜群の安心感が欲しい心配性の人は、JAFに入っておきましょう。

自動車保険やクレジットカードのロードサービスでも十分ですが、
どうしてもJAFに入っていないと精神的に安心できないという方は入っておいてもいいでしょう。

不安な気持ちで運転していると、本当に事故を起こしかねません。
ロードサービスそのものよりも、安心を買うと思ってください。
JAFの会員になっていれば何も心配することはありません。

各地の観光施設などでJAF会員の割引が受けられるようなところもあるので、
いろいろとお得なこともあります。

大型バイクなど2輪のライダーの方は

2輪の方は、2輪に対応しているロードサービスに加入する必要があります。

おすすめは、NICOSロードネットETCカードです。
年会費1500円程度で、2輪でも4輪でもロードサービスを受けられます。

年会費は少々かかりますが、旅行保険など様々なサービスが付いている、
ニコスカードのクレジットカードなので、おすすめです。

こちらならメインカードとしても十分でしょう。ライダーの方は是非所有しておきたい一枚です。

この記事が役に立ったら、ぜひ「いいね」や「ツイート」で共有してくださいね!